2013年01月22日

大阪市立桜宮高校の男子生徒が、バスケットボール部顧問教諭から体罰を受けた末に自殺した事件について

大阪市立桜宮高校の男子生徒が、バスケットボール部顧問の教諭から体罰を繰り返し受けた末に自殺した事件について、考えを纏めておこうる:

結論は、体罰をしてはいけない。
何故いけないか?体罰は人間の尊厳を冒すからいけない。
人間の尊厳について共有された理解がなければ、民主主義は機能しない。

このことを、父兄も、選手も、指導者も、身につけないといけない。
将来指導者になる人材が学ぶ、学校やその運動部、振興を担う協会など、すべてが身につけないといけない。

では、何故体罰が、一般的に行われるか?
体罰は、個人の自覚を促す効果がある場合があるから、利用される場合がある。
体罰以外に、選手の自覚を促す方法には、どのような方法があるか?
これは沢山ある。目的、目標、方法、指標、参考事例を示す、理解させる。褒めたり励ます。厳しく楽しい雰囲気をつくる。などである。

本事件の場合に、言われている体罰だけが事件の原因だったのか、体罰以外の精神的重圧、当人の特殊事情が関係していることも、あるかも知れないが、人間の尊厳を冒す体罰はしてはいけない。

私は中学以来、バスケットボールに関与しているが、体罰を受けたことも、加えたこともない。厳しく要求したり・されたり、手足をとって指導したり・されたり、は体罰とは別物である。「どんな練習でも、自分が納得してやる気を出してやれ」と教えられた。指導者を含め組織は、そのことを支援する雰囲気を涵養・維持していた。

バスケット先進国の米国の有名な指導者、ジョン。ウッデンの著書や畑先生の「バスケットする心」をよく読んで貰いたい。
posted by BB Consultant at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。