2013年01月22日

大阪市立桜宮高校の男子生徒が、バスケットボール部顧問教諭から体罰を受けた末に自殺した事件について

大阪市立桜宮高校の男子生徒が、バスケットボール部顧問の教諭から体罰を繰り返し受けた末に自殺した事件について、考えを纏めておこうる:

結論は、体罰をしてはいけない。
何故いけないか?体罰は人間の尊厳を冒すからいけない。
人間の尊厳について共有された理解がなければ、民主主義は機能しない。

このことを、父兄も、選手も、指導者も、身につけないといけない。
将来指導者になる人材が学ぶ、学校やその運動部、振興を担う協会など、すべてが身につけないといけない。

では、何故体罰が、一般的に行われるか?
体罰は、個人の自覚を促す効果がある場合があるから、利用される場合がある。
体罰以外に、選手の自覚を促す方法には、どのような方法があるか?
これは沢山ある。目的、目標、方法、指標、参考事例を示す、理解させる。褒めたり励ます。厳しく楽しい雰囲気をつくる。などである。

本事件の場合に、言われている体罰だけが事件の原因だったのか、体罰以外の精神的重圧、当人の特殊事情が関係していることも、あるかも知れないが、人間の尊厳を冒す体罰はしてはいけない。

私は中学以来、バスケットボールに関与しているが、体罰を受けたことも、加えたこともない。厳しく要求したり・されたり、手足をとって指導したり・されたり、は体罰とは別物である。「どんな練習でも、自分が納得してやる気を出してやれ」と教えられた。指導者を含め組織は、そのことを支援する雰囲気を涵養・維持していた。

バスケット先進国の米国の有名な指導者、ジョン。ウッデンの著書や畑先生の「バスケットする心」をよく読んで貰いたい。
posted by BB Consultant at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

世界標準のシューター養成について意見募集

日本のバスケットボールにとって、最重要テーマは、シューターの養成!
分かっているのに、みんな諦めていないか!

課題は何か?
解決の方策は?
アプローチ
・考え方
・身体能力
・技術
・練習方法
・施設
・その他生活環境など

皆様ご意見をお知らせください。
コメントを利用、または、鹿子木塾

[kanokogi1934@yahoo.co.jp]
posted by BB Consultant at 08:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 問題と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

パッシングの教え方についての寸言

新人戦を目指して居られる指導者のレポートへのヒント!
<・・ドリブルからのパッシングがなかなか上達しないのである。一から洗いざらいにあらゆるチームの練習メニューを研究した結果あることが分かった・・> 発見は素晴らしいですね!発見して、対策する、その積み重ねが良い結果に繋がります。

私の考え方は次の通りです。ご参考になれば、幸いです。

目標は、ゲームでのパス能力の向上→必要な能力の要素:心(視野と判断)技(パス能力)体(瞬間瞬間の身体の使い方)を分析する→必要な要素をすべて把握する(心がける)→個々の能力要素の教え方・訓練法を組み合わせて指導する(心技体の各フェーズ)。

練習の形式については、多く紹介されていますまら、その中から適当な方法を見つけられます。
どの練習形式を用いるにしても、指導法の勘所については、本には書いてありません。また、各要素練習、要素の組み合わせ練習についても、同様です。実際には、プレイヤーが理解し、できるようになるまで、非常に細かいことを丹念に教えることが必要です。

有力な指導者の指導を受けたり、指導現場を見学すると参考になりますが、時間がかかりますし、簡単にはできません。現場の状況を観察反映させることが重要で、観察力と指導力の両方が必要です。

ひとつの目標(例えば、ゲームでのパッシング能力の向上)を達成するためには、しっかりした目標に向かって、必要な要素技術・能力を指導・訓練することが肝要ですね。指導者の粘り強い観察・工夫・指導の良否が結果を左右します。
posted by BB Consultant at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

第23回FIBAアジア男子バスケットボール選手権大会_レポート記事

第2予選リーグで、中国には負けたが、サウジアラビアには、勝った。最近、勝ちゲームには、ジェリコHCのコメントが出るようになったのは一歩前進だが、勝っても負けてもHCとしては、コメントを出して欲しい。勝ったとき、負けたとき、HCは、それぞれの思いがあるはずで、その思いが、我々フアンの心を動かすのだ。

次は、レポートの記事、次ぎに示すのはレポート記事のオリジナルである。

オリジナル
第1ピリオドのレポート
第1ピリオド、日本は、出だしこそ、シュートが決まらず重い展開となるが、激しいディフェンスでサウジアラビアに得点を許さず、徐々にリズムを掴む。#7五十嵐の速攻、#13古田のゴール下で得点を重ねると、サウジアラビアがディフェンスをゾーンに変えてくる。しかし、日本は#12梶山の3Pシュート2本などでうまく対応し、22-10とリードして第1ピリオドを終える。

これだと、以下のような疑問がすぐに沸いてきてしまう!
重い展開って、現場では起こったことは何なの?
こっちのデフェンスが激しかったと言うが、相手はターンオーバーしたのか?シュートミスしたのか?
リズムって何?結局うまくいかなかったのだろうと理解はするが、何が悪くてうまくいかなかったの?うまくいかなかった状況は?パスミス?シュートミス?それとも?
五十嵐の速攻のきっかけは何?番号はこの際不要!
ゴール下のシュートに到るプロセスは?
3Pシュートはどこから?

そこで、勝手に想像して改定案の一例を提出する!
 第1ピリオド、日本は、出だし、シュートが決まらなかったが、サウジアラビアもターンオーバーを犯し、、何分まで、ゼロ対ゼロ。日本チームは、パスカットから五十嵐の速攻、速攻後のオフェンスリバウンドからか古田のゴール下シュートなどで得点を重ねた。残り5分、サウジアラビアがディフェンスをゾーンに変えてくる。これに対し、日本は梶山の右サイド8mからの3Pシュート2本が決まり、22-10とリードして第1ピリオドを終える。

また、語句一例だけれど、竹内(譲)選手の談話で「マッチアップの相手が、ステップがうまいので、粘り強く付いた」とあるのを拝見すると、「どんなステップなのかな?軸足はどっち?両方使えるのか?」「どういうタイプのステップ?」・・・など、興味は尽きないのである。だから、レポートは、もっと充実してください」というわけだ。

バスケットボールは、サッカーのようにマスコミが取り上げてくれないから、フアンは情報不足に悩んでいる。Websiteでの広報で少しでも取り返して欲しいものだ。

将棋王将戦の例を取れば、観戦記、解説及び聞き手などにそれぞれの適役を配置している。

そういうことを、日本バスケットボール協会は、推進して欲しいと思うのだが!
posted by BB Consultant at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

第23回ユニバーシアード競技大会終わる!エッセイ的問題提起

前の投稿で、男女とも健闘!と書いたが、男子は2勝5敗、女子は3勝4敗だったようだ。健闘といえるのかどうか?勝敗の星取と順位から見ると、疑問の成績だが、身長、身長以外の身体能力、技術、システム、などを想像した上で、まあ健闘と言っても許されるかな?

まず希望したいのは、Websiteへの情報提供の拡充!各国選手の身長・体重データはもとより、各試合のボックス・スコア、レポート、その他に、コーチなどの報告などなど!今や、インターネットを使えば、世界中瞬時のコミュニケーションが可能な時代である。選手12名、コーチら約8名が派遣されて、みんなで分担して、関連データの整理をすれば、相当のことが出来るはずである。コーチや選手は、各自のホームページまでいかなくてもブログに、抱負や感想・決意などをタイムリーに発信、全国のフアンにお届けすることも出来る。ビデオやデジカメで映像を届けることさえ出来る。選手団員は、バスケット・シューズとパソコンを持って行くべきである!(~o~)

日本のバスケットボールは、マイナースポーツだから、マスコミ頼りの広報は期待できないが、インターネットを活用すれば、低コストで、広報活動を展開できる。ライブドアのホリエモンのような人に、日本バスケットボール協会を主導して貰ったら、ずいぶん変わるのではないかと思う。

近くプロ・リーグが発足するらしいので、顧客意識や広報の重要性が否応なしに認識されるようになると思う。今の協会は、「強くなれば、普及と育成が進む」という好循環を期待しているように見受けられるが、「強くなれば」というのを最初のターゲットにしたところで、達成される可能性は極めて低いのだから、この際発想を変えて、出来ることを達成することで、成功例を積み上げて、普及を広げた方が良策ではないかと思う。

インターネット時代のバスケットボール普及作戦を展開しよう
posted by BB Consultant at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。