2005年05月27日

バスケットボール経歴、その他略歴と現状_2005/5現在

日本バスケットボール振興会の会長 住田正二さんから、平成17年度の役員(顧問)を委嘱したい旨の公式文書を頂戴した。去る5月17日に開催された総会において承認を得ているとのことである。
どのようなお役目を果たさなければならぬのか未確認のままだが、長く長くお世話になったバスケットボールとのご縁を大切にする意味で、有り難くお受けすることにした。

というわけで、この投稿も改訂する!

バスケットボール経歴
1949年、武蔵中学3年編入と同時に、兄・健日彦(ベルリンオリンピック代表)の感化で、入部、畑竜雄先生(ミュンヘン・オリンピック代表監督、学校では主事先生)の指導を受ける。
1950年、チームは東京代表として名古屋国体に参加、優勝した福岡高校に準々決勝で2点差で惜敗、高校1年で補欠・ベンチ入りできず。
1951年、高校2年、チームは東京代表として名古屋インターハイに参加、優勝した北越高校に決勝で敗れる、サブとして出場、シュート0/6、フリースロー1/3、反則3。中学2年生の指導を担当、後に日本代表として活躍した木村・石川等の優秀選手のお陰で、都大会第2位。50対0の完封記録あり。
1952年、主将となるも、レギュラー全員が卒業した後を受け継いで、シーズンはじめは1回戦負けの屈辱を味わったが、言われるままに懸命にやったら、伝統校の指導体制のお陰で、夏には、東京代表として酒田インターハイに参加、準優勝した洛北高校に準々決勝で延長戦で2点差で敗れる。チームの主力周辺プレーヤーとして活躍
1953年、東工大入学、須藤六郎教授に認められ、石坂高志氏の指導を受ける。旧制大学2部リーグで奮闘。
1954−1957年、1955年新体育館竣工。東工大バスケットボールの現場リーダーとして活動する他、石坂氏の後を受けて、栃木県氏家高校の男女チームを指導、県予選決勝進出、関東大会への出場などの成果を挙げる。東工大はリーグ戦順位は、2部4位を概ね確保、教育大と中央大を一度負かした戦績あり。リーグ戦一試合で43点を挙げたのが自慢!
1958−1968年、三菱化成黒崎工場のバスケットボール部を市民大会レベルから九州代表レベルに育成強化、1964年には全日本総合選手権に出場、緒戦、松下電器に前半同点の接戦を演ずる。1960年には、八幡製鉄(現新日鐵)OBの強化選手として、東京国体に参加。1960年、ここでも新体育館竣工、八谷 貢氏率いる東洋高圧大牟田(現三井化学)を招いて親善試合を行う。
1968−1997年、三菱化成本社チームの活動に参画
2003年、東京工業大学バスケットボール部OB会副会長
2005年、日本バスケットボール振興会顧問

畑先生の指導を受けた4年の後は、幅広くバスケットボールに参加してオレ流開発!すでに、55年に及ぶ!観て、考えて、楽しむ術を会得!本BLOGに発信の場を求める!ご期待下さい!


現在
名前:鹿子木 基員(Motokazu Kanokogi)
Nick Name "Moto"
Email「VEF02137@nifty.com」

仕事:
国際開発コンサルタント、経営コンサルタント

資格・能力:
中小企業診断士、経営診断、人材育成、ODA評価、TOEICスコア/900、ISO9000・14000審査員補、バスケットボール診断士(?_?)

関係組織等:
中小企業診断協会、日本評価学会、日本化学会等会員、
(株)日本開発サービス調査部主席研究員

趣味:
スポーツ
バスケットボール(東京工業大学バスケットボール部OB会副会長、三菱化学バスケットボール部OB会メンバー、私立武蔵高校バスケットボールOB会メンバー、日本バスケットボール振興会顧問)
テニス:明治神宮外苑テニスクラブ会員
スキー:白馬八方尾根スキースクール_八方スノーメート

コミュニケーション
International Toastmasters Club会員(Aoyama Lunch Toastmasters, District, Area)
Abiko International Relationship Assosiation会員

学歴・職歴1998−現在 経営・国際開発コンサルタント
1958−1997 三菱化成(現三菱化学)
1953−1958 東京工業大学(理工学部化学コース)
1949−1953 私立武蔵中学・高校

誕生1934年10月22日、福岡県相良郡干隈
posted by BB Consultant at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。