2014年11月30日

141130_全日本学生バスケットボール選手権(第66回インカレ・バスケット)

インカレを見に行った。準決勝の筑波大対大東文化大が大熱戦で面白かった。その熱戦を際どく制した筑波大学が、常勝の東海大学に圧勝して61年ぶり、二回目の優勝を遂げた。
私は61年前、当時は東京教育大学と呼ばれていたチームの優勝も見ていたのである。野口主将、松尾、糸山を擁して圧勝した試合をコートサイドで観戦していた。今春、偶然、その野口さんと当時の想い出を語り合ったことも重なり、そこはかとなく幸福感がある巡り合わせだ。
筑波大学の監督が、東海大学に勝つために実施した対策は、デフェンスの強化、特に、スリーを入れさせない、ドライブインさせない、レイアップシュートを抑える、に力を入れたことが結果に繋がった、と語っていた。
準決勝で筑波大学に競り負けた大東文化大学は、ベンチとプレーヤーの一体感、厳しく反応の良いデフェンス、小柄ながら卓越したゲームメーカー、素直に攻める攻撃陣のバランスが良く、好感が持てた。大東文化大学が、反対側の準決勝で東海大学に僅差で敗れた拓殖大学にかなりの差をつけて勝つのを目の当たりに見て、決勝戦の結果は予想された。
優勝監督の談話は現実問題としては妥当だが、少し強いデフェンスによって攻撃が滞り、これほど、シュートが入らず、パスがポイントから外れて、攻守が入れ替わるようでは、バスケットの人気を盛り上げるには問題があるというのが実感である。
国士舘大学は、明治大を大差で破って5位になった。視野がしっかりしていてパスのタイミング、コースがきちんとして、1オン1をきちんと積み上げていると感じた。慶応大学は、61年以上昔の大会で連勝した頃と私が最後に見た60回の優勝校だが、今年は7位戦にも敗れてしまったが、全員が、広い視野を維持してパスを回し、果敢にシュートしていたのが好感が持てた。

久し振りに、2日に亘って、ゲームを見たが、昔に比べて、身体が大きくなっていることと、デフェンスの攻撃者への近接の度合いが上がっている。防御側の身体の使い方が、上手になっている割に、攻撃側が一段上の身体の使い方を開発することが遅れているように感じた。
大東文化大学の児玉主将のように身長 165センチでも、優れた視野と読み、加速度を駆使して、ボールを持ってコート上を動き回ることが可能なので、そのスキルを見習って、普及して欲しいと思った。
posted by BB Consultant at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール振興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

日本バスケットボール振興会主催の講演会に出席_NBL専務理事 山谷拓志氏

一般社団法人 日本バスケットボールリーグ
専務理事 山谷拓志氏
12チーム(7プロチーム、5企業チーム)

栃木BREXでの成功例を参考にして、
基本的に愛好者の多いバスケットの振興を図り、バスケット好きが活動する基盤を構築し発展させる。
意識革新、即ち、実施者の目線重視でなく、バスケットの面白さに反応する顧客目線に焦点を当てた活動による。
単純な目標としては、野球、サッカーに比肩される事業に発展することを目指す。

望ましい方向というか、これしかない方向、バスケの面白さを楽しむ機会の量と質が改善することを切に願う!

懇親会では、往年あこがれて仰ぎ見た先輩、しのぎを削って戦った同輩、親しみを感じる後輩との歓談で、昔を懐かしむとともに、新事実発見もあり、楽しい仲間である。
posted by BB Consultant at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール振興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

東工大バスケ85年史編纂活動をテーマに英語パブリックスピーチ練習

This is the manuscript for the presentation made by MotoK at the regular meeting of KeyForce Toastmasters Club, on the 4th June 2013.

"Title; 85 Years History of Basketball in Tokyo Tech"

Good evening ladies and gentlemen, please confirm that you have two handouts at hand. A picture and a diagram.
This evening I'd like to introduce you to a web book titled as "85 Years History of Basketball in Tokyo Tech." The history book was published on the 10th April 2013 by an alumni association in which I am serving as President. Please have a look at this. This is the iPad which I used when I introduced the web book to President of Tokyo Tech. You can flick on the display to move pages. I wrote the opening remark and Dr. Mishima, the president of the university wrote the foreword. Please see it closely, as I pass this device around you.
I'd like to brief you five essential points which I experienced through the activity of the publication. Five points are purpose, strategy, outcomes and impacts, finding and expectation in the future. Let me brief one by one.

Point 1. The purpose of the activity; There are two purposes.
a) Enhancement of the network among 400 members through collaboration in the activity. There are big diversity in ages.
b) Improvement of the quality of the activity of the basketball team, by recognition by the students that they are living in history.

Point 2. The strategy with methods and tools used in the activity.
a) Full use of available methods of communication such as mail, email and others to collect information, in order to avoid constraints due to diversities in members’ capacity in communication.
b) Good use of cloud computing system to install big data of information.
c) Web publishing first followed by printed publication.
d) Good use of iPad for presentation of web publication.

Point 3. Outcomes generated so far.
a) Students understood that they are making history which they are going to write in the future.
b) Those who directly participated in the activity enjoyed both of excitements of the achievements and the experiences in the activity.

I'm afraid that I must skip other items due to my time limitation.

c) President and his officers of the university are happy with our achievement, because of its uniqueness in the University.
d) Executive members in the Japan basketball association are interested in spreading this kind of activity in the field.
e) A certain national library shows interest in owning the history book.
f) I got knowledge and skills to use iPad to make my life much richer.

Point 4. Findings.
We had many findings. The greatest finding is a picture found in the commemorative album of graduation in 1930. Please have a look at the picture at hand. The album had been possessed by a member's father who graduated in 1930. When the father passed away, the member found the picture in the album. As you see, the picture was designed in a highly sophisticated manner and contained comprehensive information. We can see who played what role in the team and how they played basketball at that time with which opponent team, which is exactly "A picture is worth a thousand of words". I am deeply impressed every time I see it. I respect these seniors' deed a great deal. This picture gave us the basis to decide the title of the book as 85 years history. This picture is the greatest finding in the activity.

5. Expectations for the future.
I believe this activity should better be continued all through the endless chain of history.
END
要旨:
皆さんこんばんは!今日は、「東工大バスケット85年史」というウェブ出版をご紹介します。このウェブ本は、私が会長を務めている同窓会から2013年4月10日に出版されました。このiPadは、私が三島東工大学長に報告した時に使ったものですが、指1本でページを繰ることができます。このデバイスを回覧しますからやってみてください。このページに私、このページに三島学長が出ています。
さて、この出版活動を通して経験した5つの要点についてお話します。目的、戦略、成果、発見、将来への期待についてです。一つずつお話します。
目的は、メンバーのネットワークの活性化とチームのメンバーが歴史を意識することによって部活の品質を向上することの二つでした。
戦略としては、メンバーの多様性に対応するために、例えば、ICT格差に対応するために多くのコミュニケーション手段を用いました。沢山の情報を効率的に処理するのにクラウドコンピュータを利用しました。その他です。
成果としては、学生の意識の変化、活動に参加したメンバーの達成感と経験、学長以下関係者、外部の関係者からの我々のユニークな活動に対する評価が挙げられます。
最大の発見は、1930年の卒業記念写真帳のなかにあった一葉の写真です。この写真は、会員の一人が、父上の写真帳から発見したものです。当時のメンバーの名前、役割、参加した大会、相手校などの情報がわかるもので、A Picture is worth a thousand words. の諺の通りです。私は当時の先輩に対して尊敬の念を抱きました。
将来も、歴史が続く限り、歴史活動が続くことを期待します。
posted by BB Consultant at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール振興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。